MENU

効率の良い地盤調査です

模型

準備の手間が省けます

建築物を建てる際には、その地盤がしっかりしているのか確認することが必要です。確認を怠ると住宅の重さにより地盤が沈んで壁に亀裂が入ったり、窓が開かなくなる症状や、住人に吐き気やめまいといった身体的不具合を生じる場合もあります。比較的小さな建築物の場合には効率よく地盤を調べる事で工期が短縮できるので、効率の良い地盤調査をしたいものです。そこで活用されるのが平板載荷試験です。通常、地盤調査は特殊な装置を使用して地盤に振動を与えたり、レーザーにより内部の固さを確認します。平板載荷試験では30センチほどの固い鋼板を置き、その上に重りを載せて地盤の沈み方を確認する方法をとります。はじめに、基礎となる部分を掘削して平らに整地を行います。この時整地された土地が傾いていると加重してときに偏った圧が加わり、正確に調べる事ができなくなります。水平にした後、雨などの天候により地盤に影響が出ないよう養生します。設置する鋼板の上にはジャッキや支柱を立て、その上に建物との同等の重さを載せていきます。重りとしてよく利用されるのがトラックや重機で、コスト軽減にも繋がります。現場にあるものを使用して調べる事ができる平板載荷試験は準備の手間が少ないので、効率よく検査を終える事ができます。加重した状況で5分おきにデータを取り30分程度継続的に地盤の変化を確認していきます。建物を作る際に重要な、安心して住める場所を作るためにもしっかりと平板載荷試験を取り入れている業者が増えています。