MENU

地盤の強度を調査する

作業員

地盤の支持力を調査

住宅を建築する場合には地盤の調査を行うことが義務付けられています。地盤調査の方法には様々なものがありますが、地盤の支持力を直接調査することができる方法として平板載荷試験が採用される場合があります。その他にもスウェーデン式サウンディング試験やボーリング試験などの方法がありますが、いずれも住宅基礎の設置部分の支持力を直接確かめることができるものではありません。平板載荷試験では基礎を設置する深さまで掘り下げて、そこに直径30cm程度の円形の鋼板を設置します。その上に実際に住宅基礎にかかる荷重をかけることで地盤の強度を確かめます。荷重をかける場合には重機を用いるのが一般的です。そのため、大掛かりな装置が必要になりませんので、比較的簡単に地盤調査を行うことができるのです。平板載荷試験では荷重をかける鋼板の直径の2倍程度の深さまでしか地盤の強度を図ることができないというデメリットがありますが、通常の住宅建築であれば、周囲の地盤状況と総合的に判断すれば十分に地盤の強度を判断できます。他の調査方法のように点での調査ではなく、面での調査ですので、地盤調査の方法としては信用できます。平板載荷試験で注意しなければならないのは、長期間の雨天の後では正確な調査を行うことが難しいところです。地盤の強度を直接調査するだけに、地面が水分を多く含んでいる状況では正確な調査ができません。そのため、梅雨時などは調査を避ける必要があります。