効率の良い地盤調査です

模型

平板載荷試験は、特殊な装備の準備をせずに効率よく地盤の固さを調べる事ができます。これにより建築に掛かる日程を短縮させ、効率よく建物を建てる事ができます。鋼板を水平に設置し加重をする重りには重機などを使用し、コスト軽減にも繋がります。

詳しく見る

MENU

住宅建築における地盤調査

工事現場

調査する場合のポイント

住宅建築においてはしっかりとした地盤の上に建築することが重要になります。そのため、住宅を建築する場合には地盤調査が義務付けられていますが、その方法は様々なものがあります。住宅建築で最も一般的に用いられる方法はスウェーデン式サウンディング試験ですが、この方法は特定の場所に対してドリルで負荷をかけていく方法ですので、精度としては必ずしも高くはありません。地面に対して直接負荷をかけていく方法は、唯一、平板載荷試験のみです。平板載荷試験とは基礎の部分に鋼板を置いて、その上に重機などで負荷をかける方法です。ドリルのように一点だけに穴をあけるわけではありませんので、その地盤の強度を適切に測ることができます。しかも、準備するものは鋼板と負荷をかける重機だけですので時間的にも短時間で調査を行うことができます。平板載荷試験を行う場合に注意しなければならないのは、地盤調査を行うことができる深さが、あまり深くないというところです。平板載荷試験であれば地盤の強度を直接調査することができる反面、調査範囲は浅くなります。一般的には調査に使用する鋼板の2倍の深さまでとされていますので、60cm程度の深さまでの調査になります。そのため、周囲の地盤がある程度固いという前提がなければ、十分な調査ということはできません。また、雨天時には地盤が緩んでしまいますので、正確な調査を実施することができませんので、調査を行うタイミングにも注意しなければなりません。

地盤の強度を調査する

作業員

住宅建築における地盤調査の方法の中でも、唯一、基礎の設置部分の支持力を直接調べることができるのが平板載荷試験です。必要なものは荷重をかけるための重機くらいですので、速やかな調査が可能です。ただ、地面の強度を直接調査するため、長期間の雨天後には正確な調査ができません。

詳しく見る

小規模建築に向いています

工事現場

平板載荷試験は比較的小規模の建築物を建てる際の地盤調査方法です。現場にある重機を重りとして使用し、地盤に加重したときの沈下度合いを調べます。コストも抑えられ、短期間で調査ができるので建築の納期短縮にも繋がります。

詳しく見る

直接測定できる地盤調査

工事現場

平板載荷試験は他の地盤調査の方法と違い、直接測定値を見られる正確性があり、試験に時間がかからないメリットがあるのでプレハブなどの簡易建物の地盤調査に向いています。平板載荷試験は作業にスピードを求めるので、経験豊富な技術者や業者を使うようにしてください。

詳しく見る

小規模住宅に利用します

作業員

比較的小規模の建築物の地盤を調査するときには、平板載荷試験が効率的です。小さな鋼板を用意して、その上に建物と同等の重さを加えて調べます。重石になるものはトラックや重機を利用するので準備の手間が少なくなります。

詳しく見る